2020年05月07日

竹の子とジャコの炒め煮

竹の子とジャコの炒め煮

お酒の肴にも最適です。

竹の子とジャコの炒め煮.png

◆ 材 料 (10人 分)

水煮竹の子……小4個
ちりめんじゃこ……70g
サラダ油……大さじ1杯強
しゅうゆ……小さじ1 1/2杯
みりん……小さじ1杯
お酒……大さじ1杯
(だし汁)
 水……50~100cc
だしの素……少々
しょうゆ……少々
一味唐辛子……少々
ごま油……少々

◆ 作 り 方

① 水煮竹の子をゆでて、薄切りにする。
② 厚手鍋を熱し、サラダ油を入れ、じゃこを入れて炒める。
③ じゃこが音を立てて踊りだしたら、酒、みりんを入れ、1分程度炒める。
④ 竹の子を入れてかき混ぜ、だし汁としょうゆ少々をかぶる程度入れ、中火でゆっくり煮汁がなくなるまで煮る。
⑤ 最後に一味唐辛子、ごま油を入れる。


JAわかやま女性会
posted by 和歌山よい食 at 09:45| おかず | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

橙柑のポン酢

橙柑のポン酢

橙は、初夏、香りある白い花を開き、実は丸く、冬に熟して黄色になりますが、木から落ちないで翌年の夏に再び青くなります。実が木についたまま年を越すことから「代々」として縁起を祝い、正月の飾りに、果汁を料理に用いられます。

橙柑のポン酢.png

◆ 材 料 (約2,500㏄ 分)

橙のしぼり汁……900㏄
濃い口しょうゆ……1,080㏄
酢……180㏄
刺身しょうゆ……90㏄
みりん……360㏄
だしこんぶ……10cm角1枚
かつお節……15g


◆ 作 り 方

① 橙は良く洗い、横2ツ切りにして面取りをしてボウルに絞る。(ざるでこす)
② 全部の材料を入れて一煮立ちさせる。
③  容器に分けて保存する。


*橙は10月頃に取るのが良い。
すぐにでもおいしいが、1年間保存するとまろやかでこくがあり美味しくなります。


JAながみね女性会
posted by 和歌山よい食 at 16:45| おかず | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

子持ちしいたけ

子持ちしいたけ

子持ちしいたけ.png
◆ 材 料 (4人分)

生しいたけ……小12枚
片栗粉……少々
鶏ひき肉……250g
にんじん……1/2本
ししとう又はピーマン……3~4枚

(A)
 玉ねぎ(又はねぎ)のみじん切り……大さじ2杯
 おろししょうが……大さじ1杯 
 卵……1/2個
 酒……大さじ1杯
 塩・こしょう……少々

(B)煮汁
 だし汁……2カップ
 みりん……大さじ1/2杯
 しょうゆ……少々
 砂糖……大さじ1杯
 酒……大さじ1杯

◆ 作 り 方
① しいたけは軸をとり水気を取る。
  次に片栗粉をかさの裏にまぶす。
② にんじんとししとうは小さく刻み、鶏ひき肉と(A)と練り混ぜ、しいたけの裏側に詰める。
③ 鍋に煮汁の材料を合わせて煮立て、②を肉の方を下にして煮る。
posted by 和歌山よい食 at 15:33| おかず | 更新情報をチェックする